65歳からの仕事は在宅ワークを最大限活用しよう!

超高齢化社会の到来とともに雇用環境が大きく変わろうとしています。

あなたは定年過ぎてまで、働きたくはないですか?

それとも元気なうちは定年過ぎても働きたいですか?

60歳または65歳の定年以降も働く場合、いくつかの選択肢がありますが、
収入面や自らの希望するライフスタイルに合わせ働き方が出来るでしょうか?

一般に定年と言えば60歳を基準に定められていましたが、
高齢化社会に即して平成12年10月1日以降の改正で定年
65歳とするよう企業に努力義務を課しています。

これは「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」によります。

ただ、65歳定年はあくまでも企業に努力義務を課しているわけですから
企業によっては65歳定年を採用できないところとも多いと考えられます。

しかし、その後平成16年6月5日に「改正高年齢者雇用安定法」が成立し、
平成18年4月1日から各企業に次の①~③のうちいずれかの実施が
義務付けられる事になりました。

① 定年をなくす。
② 定年を65歳まで引き上げる。
③ 定年後再雇用制度を導入する。

このうち企業にとって最も人件費負担を少なくできるのが、
③の定年後再雇用制度であるため、この定年後再雇用制度を
導入する企業が増えてきました。

さらに平成25年4月からは、継続雇用を希望する人全てについて、
65歳までの再雇用が義務化されました。


本当に定年は65歳になるの?

この定年後再雇用は「新たな雇用契約の締結」となるため、勤務形態や
職務内容に応じて、定年前とは異なる労働条件となるのが一般的です。

ただ、再雇用するかどうかの決定権は企業側にあるため、希望する場合は
企業側としっかり確認をする必要がありますね。

画像の説明

ここまでお伝えしながら、ふと感じました。

いくら働きたいと思っても、最終的には企業側に決定権があることを!

再雇用契約ができても労働条件や収入も変わってしまいます!

だったら企業に頼らずに定年の年齢の心配もせずに、自分のペースで
収入を得る方法を手に入れる!

そのために。。。私は始めています

私が始めたこと