MLM 目的にあった副業の選び方

副業は収入を得るために携わる本業以外の仕事を指します。

そしてその就労形態によって「アルバイト」「日雇い派遣」「在宅ビジネス」「内職」などに分類され、業務内容により「カラダ系」「スキル系」「ネット系」などにも分けられます。

あなたが今、お調べになっている副業の種類、目的は何ですか?

副業ですから! 不足を補う・やりたいことをやる!

例えば、デスクワークなどで1日中じっと座ったままの方は
新聞配達やポスティング等のカラダ系の副業が
健康維持や本業に対する気分転換になるかもしれません。

例えば、フィットネスやスキーなどが趣味なのに
仕事に追われてなかなか楽しむことが出来ない方は
インストラクターとして勤務すれば、趣味が収入に繋がりますね。

例えば独身の方。接客業なら出会いがあるかも。
飲食店なら晩御飯にありつけるかも・・・!

副業は本業ではありませんから、生活に支障はないわけです。
ですから副収入が目的でも、やりたいことをやり、
収入以上のメリットがあっても良し!と思うのです。

その中で、例えば、空いた時間に自分のペースで自由に出来
長期的に安定した収入を得たい!という方に特にお勧めなのは、
インターネットによるネットワークビジネスです!

さて副業、どう選ぶ?

私の場合、インターネットのネットワークビジネスを選んだ最大の理由は
自分のペースで時間を自由に使える仕事をしたい!でした。

ですから最初は自宅で○○サロン♪なんてのも良いかな~なんて。
婦人誌の見過ぎですね^^;

数年前に設計に十分な時間を掛け、夢のマイホームを建てました。
それなのに、ローンもあるしと仕事を始めてしまったので、
結局全く家に居る時間がなくなってしまったのです。
それに子供もまだ幼かったのに鍵っ子にしてしまいました。
家族団欒のはずの新居にひとりポツンとお留守番・・・

建築中に夢見た、お天気の良い日はウッドデッキで
お庭のガーデニングを見ながらゆったりブランチ・・・
手作りおやつで子供の帰宅を迎える・・・
なんてのはほど遠く、

朝から息子をけしかけて送り出し、外に干した洗濯物を心配しつつ、
ゴミを片手にバタバタで出勤する毎日です。

40代になり、分岐点!これで良いのか?

転職も厳しい年代に突入、さあどうする? 十分な収入も欲しい。
でも、時間に拘束されたくなくて子供にも寂しい思いをさせたくない。
こだわりのマイホームで主婦業と母業を丁寧にやりたい。

それで決心
「在宅でのビジネス」「充分な収入」を手に入れたい!

選択! 完全在宅での副業。ネットワークビジネス!

在宅でのビジネス、かつ充分な収入を得たいと考えた時、「ネット系」が有力です。

インターネットの普及により、今や日本でのネットワークビジネスの会社数は1000を超えビジネス会員は50万人ともいわれています。大きな流れが来ています!

中でもアフィリエイト、ウェブライター、ネットオークション、輸入ビジネス、せどり、データ入力等ありますが、「長期的に安定した収入を得たい」という方にお勧めしたいのがインターネットでのネットワークビジネスです。

このネットワークビジネスは、製品の愛用者がその良さを伝えていくことにより、莫大な広告宣伝費を支払わずに済む会社が愛用者に還元したり、製品開発等に回せるといった理にかなったビジネスモデルです。それが「権利収入」となります。

またネットワークビジネスでは、年齢、性別、身体、学歴、家柄、能力、経験などで収入が左右される事は全くありません。

参加した人平等に各々の実績に応じた報酬が支払われる、正当で公平なビジネスです。

大きな資金の必要もなく始められ、ビジネスに取り組む時間も個人の自由です。
インターネットだからこそ手に入る「自由な時間と自由なお金」

私の選んだ副業。自信を持ってお勧めします!
本業は半日だけの勤務で時間にも余裕が持てるようになりました♪

あなたの欲しいものとは一致しませんか?

重要居心地のいい自宅で、楽しく仕事を…
重要女性の切札!隙間時間で稼ぐ在宅ビジネス