ネットワークビジネスと今の仕事を比較してみる

ネットワークビジネスと一般の仕事の比較中

ネットワークビジネスと今の仕事のメリット

ネットワークビジネスのメリット

  • 副業としてスタート出来る
  • (公務員や20歳未満は参加できないが)ほとんどの人が参加できる
  • 自由に出来る
  • 非常に小資本で出来る
  • 今、主流の報酬システムだとノルマがない
  • 製品の仕入れ・在庫・販売・集金の面倒がない
  • 定年がない
  • 大きな収入を得る可能性がある
  • 得る収入は権利収入となる

今の仕事のメリット

※サラリーマンやOLなど定職者を指しています。

  • 入社したてで仕事が出来ないときから給与がある
  • 安定した給与がある
  • 定期的な休みがある
  • 個人よりもローンが組みやすい
  • 会社の看板で仕事が出来る
  • 何かあっても最後は会社が責任をとってくれる
  • 労働基準法など法で守られている
  • 確定申告も会社がやってくれる
  • 安定・社会的立場がある

どうでしょうか?

ネットワークビジネスと定職者のメリット比較で見える違いは
ネットワークビジネスは自由度の高さ。
定職者は安定感があるといったところでしょうか。

ネットワークビジネスと今の会社のデメリット

ネットワークビジネスのデメリット

  • すぐに収入にありつけない
  • 倒産する主宰会社が多い
  • 思いのほかランニングコストがかかる
  • 世間体が悪い
  • 社会的立場が弱い
  • 保障は何もない

今の仕事のデメリット

  • 収入の上限がある(絶対ではないが)
  • 頑張っても自己評価の対象にしかならない
  • 決定権がない。結局は会社・上司の言うとおりに。。
  • 拘束時間がある、長い
  • 簡単に辞められない。再就職が難しい
  • 自分の将来像が見える(良くも悪くも)

デメリットももっとあるでしょうか。

私は長く自営業者としてやってきましたので、
定職者のメリット・デメリットの比較は外から見て感じるものや
友人・知人からよく聞く話です。

ネットワークビジネスがいいとか、今の仕事がいいとかの
比較した答えは個人によってとらえ方は様々です。

私のような自営業者がサラリーマンになるには、
今の仕事を辞めなければなりません。

しかし、サラリーマンのようにお勤めの方はネットワークビジネスのような
個人事業をすることは可能かと思います。

どちらが自分に向いているか、実体験できます。


なぜこのような比較をしているのか?
上記のネットワークビジネスは従来からある、クチコミビジネスです。

私たちはインターネットを活用して、ネットワークビジネスを
取り組んでいます。

本当に比較したいビジネスはこれだったんです。

ネットビジネスとネットワークビジネスの融合

みんな大嫌いなクチコミをしなくていいんです!
断られ続ける電話もしなくていいんです!
セミナーやABC?誰かに時間を合わせる必要性はありません。

でも、すみません・・・

すぐに大きな収入を得ることはありません。

しかし、投資した時間はあなたの財産になります。

答えはここにあるはずです。

資料 情報