ネットワークビジネスの報酬プラン

報酬プランの説明はとても難しいです

画像の説明

大きく分けて3つになるとは思いますが、ハイブリット式もあります。
その3つをこれから紹介していきますが、他にも細分すればまだまだあります。

奥が深いですね。


ステアステップ・ブレークアウェイ方式

ステアステップ・ブレークアウェイ方式は、最もポピュラーなプランで
多段階方式」とも呼ばれます。
売り上げによる昇格条件などを達成すると、
段階的に還元率が優遇され昇格していくシステムです。

外資系のアムウェイニュースキンFLPジャパン
ハーバライフなども、細部の条件は異なりますが、
基本的にはステアステップ・ブレークアウェイ方式です。


ブレークアウェイとは英語で枝分かれ
⇒独立を意味しています。

自分のグループが大きくなり一定のタイトル昇格すると、
それまで所属していたアップラインのグループから独立し、
自分のグループを作っていくことになります。

自分のダウンを独立させると、ロイヤリティーとして
育成ボーナスを
得ることが出来ます。

しかし、ダウンが独立するとその時はグループ売り上げ
落ちるため、収入が落ち込むことになります。

グループの売り上げを維持・向上しながら、独立する
ダウンを育成する。
それが、収入をとっていく流れになります。


ブレークアウェイのメリット

  • 一度軌道に乗れば、安定・高額収入を得ることが可能。

ブレークアウェイのデメリット

  • ダウンが独立すると収入が落ち込む。
  • 早期的なタイトル収入を獲得するために買い込み
    無理な勧誘に走るケースがある。

ユニレベル

単純明快で他プランとの複合も可能

非常にシンプルなプログラムだ。説明がしやすく、
他のプログラムとも複合されやすいため、頻繁に使われる。
モリンダ日本樹林などの国内外の多くのネットワークビジネス企業
採用している。


このユニレベルも単純明快であるがゆえに、
他のプログラムと複合されて使用される。

1人が1レベルとして、おのおの還元対象となるということは、
払い出しの下限に到達してしまうのも、おのずと早まってしまうからだ。

ただし、計算のシミュレーションがしやすいと言う点では、
他のプログラムよりも勝っている。
伝えやすい、イメージしやすい」ということは、
ビジネスを進める上での重要なメリットとなる。

「1人が何人紹介者を出せば、何レベル先ではいくらの収入になる
」という収入計算が、瞬時にできるのがユニレベルの大きな魅力です。


ユニレベルのユニとは、「単一」、「個人」という意味で、
これは個人のレベルに注目した報酬プランです。

自分のグループの売り上げの数パーセントずつを報酬として
得られる仕組みになっています。

グループのメンバーが製品を買い続ければ、
安定的な収入が入ってくることが大きなメリットとなる報酬プランです。

しかしこのユニレベルでは、報酬が支払われるレベル範囲が制限されています。

自分の作った組織の全てが報酬に反映されませんので、
なかなか大きな収入にはならないというデメリットがあります。

殆どの企業ではこのデメリットをカバーする為、
様々なプランを用意しています。

例えばタイトルを設定し、タイトル取得者にはより深いレベル

までを
報酬の対象とするプランを設けたり、レベルごとに還元率を
変化させるなどしてこのデメリットをカバーしています。

このようにユニレベルは、収入を得る為のハードルが
低いため、初心者でも取り組みやすい報酬プランです。


ユニレベルのメリット
●シンプルで伝えやすい

●グループのメンバーが製品を買い続ければ、安定的な収入が入ってくる

●収入を得るハードルが低く、早い段階で報酬が発生する為、
初心者が取り組みやすい

ユニレベルのデメリット

●指定された範囲以上の深いレベルのメンバーの売り上げは
報酬の対象とならず、高収入になりずらい

バイナリ―

1990年代後半ころ、米国のMLM企業
ザ・ライトソリューション」(TRS)が初めて日本に広めた仕組みで、
比較的に歴史は新しく、後に国内で頻繁に採用され、
近年急成長したプランです。消耗品のプランでは現在最も人気があります。


会員は組織図上では2人の直紹介者しか出すことができません。
2の倍数で組織図が構成されていきます。

(バイナリーマップまたはマトリックスマップと呼ばれる)

3人目以降の直紹介者は、ダウングループの特定の位置に
ポジショニングされていきます。
(ただし、実際の紹介者つながりの組織図もシステム内に管理されている。)


この報酬プランは、1人が2人ずつ紹介していく仕組みのプランで、

3人目以降の紹介者は、ダウンラインの規定数に満たない位置に
振り分けられます。

配置する場所の詳細は、自動的に振り分けられる場合や
自分で決められる場合もあり、企業により異なります。

このバイナリーは自分のスポンサー能力が低くても、
アップラインからの応援が貰えるため、
初心者でも取り組みやすい報酬プランです。

  • 自分が努力しなくても組織が拡大されていくという
    誤ったイメージを抱いた、他力本願の人が多く集まるという危険性もあります。
    結果、何もしない人たちの集まりになるかもしれません。

片側だけのびて、グループの人数は多いのに収入は少ない・・
なんてことにもなりかねません。


バイナリーのメリット

●説明が簡単。

スピルオーバーがある。(アップラインがリクルートした人が
自分の下部にダウンがつく。)

バイナリーのデメリット

●グループ全体の人数が多くても、
片方のレッグだけが伸びていては収入にならない。

●他力本願を期待してビジネス活動をしない。

中央電算株式会社より一部参照

どうですか?

少しでも理解することがあれば幸いです

画像の説明