愛用者がビジネスメンバーになる?!そんなネットワークビジネスの展開ってありますか?

愛用者=ビジネスメンバー!

この方程式はネットワークビジネスで期待していいの?

ネットワークビジネス会社が取り扱う製品は全てではありませんが、

いいものが多いですよね。

その会社の製品を使って、良ければ愛用することになります。

そして、その良さを人に伝えていく。

気が付けば流通ラインが出来ていて、収入を得ることができる。


この考え方はネットワークビジネスをやっている何割かの人たちの
甘い考えです。

一般的にネットワークビジネスはまだまだ受け入れられていません。

例え、製品を気に入っても誰かに勧める・・・
紹介者を出すと、報酬が発生するネットワークビジネスです。
残念ながら、誰かに勧める愛用者はネットワークビジネスに限っては
かなり少ないようです。

なぜか?

空見上げる羊

収入を得る可能性があるからなんです。
とても不思議ですが、一般的にはそうなってしまうのです。

愛用者=愛用者 ビジネスメンバー=ビジネスメンバー

先にも述べたように、愛用者がビジネスメンバーになることは
かなり少ないです。
しかし、それはネットワークビジネスをやっていく上で問題はありません。

むしろ、愛用者はとても大切なお客様です。
あなたの参加しているネットワークビジネス会社が魅力的な製品を
次々と生み出せる会社だったら・・・

愛用者は新たに別の製品を購入するかもしれません。
期待してはいけませんが可能性はあります。

年間、数百億円以上の売り上げがある会社はそういった
愛用者に支えられています。

ビジネスメンバーは辞めれば、サヨナラですから・・・苦笑

ビジネスメンバー⇒愛用者になるのか?

ネットワークビジネスに参加した人のほとんどが一年以内に
やめてしまいます。

  • 収入がとれないから?
  • 活動費がかかりすぎるから?

色々あるでしょうが、「もう、無理!」っていうのが答えですよね。
少なくとも昔、私は無理!で降参しました(笑)

しかし、ビジネスにサヨナラしても引き続き製品を
使い続ける人は意外といてます。

私も20年前から15年前にかけて、ネットワークビジネスに関わり
その後ビジネスは辞めましたが、製品は気に入って使い続けていました。

愛用者=愛用者・ビジネスメンバー=愛用者

製品の愛用者は、製品を気に入っているから使い続けます。
※より良いものを知れば、浮気し去っていくかもしれませんが・・

ビジネスメンバーは製品の良さを伝えようと、これでもか!
というくらい、製品を使用しています。
※愛用者とは比較にならないくらい使います。ですから、もしビジネスを辞めても製品の良さは愛用者以上に知っているのです。

当然ですが、取扱製品がどんなものか知る必要があるからです。

結論、

愛用者がビジネスメンバーになるのかならないのかは考える必要性なし!

愛用者もビジネスメンバーも製品を使う。

どちらも大切な流通網になる。

ですから、ネットワークビジネスに興味がある・参加したい
と思うなら、愛用者・ビジネスメンバーの何れにもアプローチして
いける会社とグループを選択してください。

余談ですが、
ビジネスメンバーと称して製品をまともに使っていない・・
ヘタすりゃ、全く使ったことがない・・ なんて人もいます。

※ご注意ください!