アリックス (ARIIX) 特許取得の経営戦略

アリックス (ARIIX)は

優れた製品と経営戦略で

今、注目の企業です

アリックス の加速する国境を超えた拡大戦略

グローバルなビジネスモデルは決して偶然からは生まれない
頭角を現す企業には、必ず緻密に計算された戦略がある

香港九龍随一のビジネスビルの35階にアリックスの香港オフィスがある。
そこからは現在急ピッチで再開発が進む九龍の町並みが眼一望できる。アリックス香港は 最大の市場、中国をバックに、名実共にアジアでのハブ的支社でもある。

アリックスは創立2年半という短期間で、世界15カ国に市場を広げた。

近年のダイレ クトセリング業界では他の追随を許さない成長である。市場から次の市場へとビジネスを拡張する、リニアな一元的な展開がここ十数年のビジネストレンドであ り、リスクヘッジの観点からも非常に重要なことであった。アリックスのグローバル戦略は、そういったコンサバティブな流れに大きな一石を投じることとなっ た。
このピッチでビジネスの展開を行うには、緻密な計画と大規模なファウンドレイジングを抜きに語ることはできない。
アリックス創始者たちの米国上場企業 における過去の実績が、アリックスの大規模な資金集めを可能にした。

アリックスの戦略1:辺境と呼ばれる地での冒険

アリックスは現在米国、カナダ、メキシコにより構成される、NAFTA(北米自由貿易協定)の3カ国を初め、中国、台湾、オランダ、オーストラリアなどといった定番とされる国のみならず、カザフスタンなど、この業界では辺境とも思われる国々の市場開拓にも力を入れている。
まだ芽を出し始めたばかりのこれらの国は、今後ダイレクトセリングの新興勢力として大きな存在となっていく可能性は非常に高い。
アリックスはまだ何もない未開の地に潜む大きな可能性を見出し、先行投資を行ったと言えるだろう。その結果が楽しみだ。

アリックスの戦略2:ムスリムの市場

ムスリムとは「(神に)帰依する者」を意味するアラビア語で、イスラム教徒のことである。
米国の調査機関であるピュー・リサーチ・センターの調べによると、世界のイスラム教徒の人口は現在16億人を突破し、20年後には世界人口の約25%以上がムスリムになると予想されている。
ムスリムという言葉を耳にすると中東のイメージが強いが、意外にもその人口の6割以上がアジア大洋州地域に在住している。
欧米では高学歴のムスリム人口も多く、ムスリム層は 潜在的に大きな市場を包括していると考えられる。
今、多くの企業がムスリムの市場に注目し始めている。ムスリムという市場を制することができれば、アリックスの未来は明るい。
しかし、イスラム教の教義に従った製品供給が必要であり、市場参入は簡単ではない。

アリックスの戦略3:アリックスのサプリはハラールの認定を受けています

アリックスは創立当初よりムスリム市場を見据えた 製品開発を行ってきた結果、晴れてハラ―ル食品としての認定を受けることができた。
ハラールとは、イスラム法で許された項目を意味し、主にイスラム法上で食べられる物のことを表す。イスラム教徒が豚肉を口にしないことは有名な話だが、それ以外の肉であっても処理の仕方が正規の手順に従ったものでなければ食べられない。
このためムスリムは単純に材料表示だけを見て判断することができない。故にハラールの表示が必要となる。
アリックスはムスリムが使用可能な製品供給をいち早く行い、新しい市場への参入を可能とした。
日本ではまだ認知度は低いが、ムスリム市場は確実に大きな市場へと成長するであろう。

アリックス天才的経営者の経営戦略、特許取得

大学教授を17年間勤め上げたMLM業界の異端児
天才的経営者がこの業界に革命を起こした

現在急成長を続け、世界14カ国でビジネスを展開する新興ダイレクトセリングカンパニー、アリックス。
その成長戦略の中心的ブレインがフレッド・クーパー博士だ。
彼はユタ大学で17年もの間、大学教授として教鞭を執った経歴を持つ。ダイレクトセリング業界において、これほど異彩を放つ経営者は存在しないだろ う。

ユタ大学は全米トップクラスの医療研究機関を持ち、その中でクーパー博士は生産管理学、統計学などを経営修士過程等で教えてきた。
経営修士課程とは、 いわゆるMBAと呼ばれるビジネスエリート達のカリキュラムでもある。
日本でも大手上場企業では社内のエリートたちを米国の一流大学へMBA留学させてきた。
クーパー博士はそういうエリートたちを教える立場でもあった。

そこで培った知識と経験は、今の会社経営に新しい考え方をもたらしているのも確かだ。
「教授時代に、統計学を教えていた経験から、MLM企業の報酬プランを解析するようになりました。
色々なプランを解析するうちに、企業から新プランの開発を請け負うこととなり、それがMLMに関わるようになったきっかけです」クーパー博士は大きな声で笑いながら言う。

ここまで行動心理学と統計学を体系的に結びつけた報酬プラン研究は革新的でもある。アリックスの報酬プランはまさにクーパー博士の壮大な実験から生まれた産物と言えよう。

アリックスの創立にあたっては、グローバルな企業経営を前提としたビジネス・プランが打ち立てられた。
「すばらしいアイデアを商業的成功に導くためには、その成長を裏付ける資本とインフラの整備は必要不可欠です」

アリックスはニッチを狙った一つのアイデアから始まった訳ではなく、大きな市場への幅広い製品供給を目指している。
そのためには、堅実で大きな土台造りが大切ということだ。その土台の上に、世界中の会員たちが壮大な建造物を建設中である。

高い専門性を発揮する経営陣が崇高な企業理念を実現する

どんな立派な理念も、それを実現するのは人である。アリックスには、そのために必要な人材が揃っている。

アリックス(ARIIX)という名前は、ラテン語の 「Aurum(ゴールド)」に由来しており、「IIX」はローマ数字の8を表している。8の持つ「輪」は「無限」を表すシンボルになり、会社のロゴにも使用されている。つまりアリックスという名前は、「永遠の豊かさ」を意味している。

  • その名の下に、フレッド・クーパー博士を最高経営責任者とする5人の経営陣が集結した。
  • 社長を務めるのはマーク・ウィルソン。20歳で会社を立ち上げたという根っからの企業家だ。彼の役割は、経営陣と現場で活躍するリーダー達の仲介役。信頼とは強要されて作るものではなく、起業家の成功と幸福こそビジネスを飛躍させる原動力であるという考えを実践している。
  • 最高財務責任者はジェフ・イエーツ。自分自身の会社を経営するだけでなく、公開企業や民間企業の取締役を経験。その後数年間は全米トップ企業の財務調査を担当。現場で培った豊富な知識と経験をアリックスにもたらし、財務、会計、税務、IR、人事といった分野を統括している。
  • 最高執行責任者にはライリー・ティマーが抜擢された。30代という最も若い創始者の一人である。10年間に及ぶコーポレート・ファイナンスにおけるリーダーシップの経験を駆使して、日々世界中を飛び回っている。その柔軟な思考と顧客管理に長けた才能はアリックスに不可欠な要素となっている。
  • そして最高製品責任者を任されているのがディアナ・ラトソン。今回アリックスに加わるために全ての顧客との契約を終了させ、メディカルボードメンバーのトップとして最高の製品開発に情熱を注いでいる。


情報ネットワークビジネスで成功するためには情報が必要です!

まずは2017年の最新情報↓↓クリック
2017年ネットワークビジネスランキング


インターネットだからワクワク組織拡大♪

インターネット

ネットワークビジネスはインターネットで成功

~~知ってほしいこと~~
情報

まずは、あなたの目で資料をご覧ください。   ↓クリック↓
MLM情報

ネットワークビジネスランキング 2015年 ベスト100

順位会社名売上高(百万円)
1日本アムウェイ96,968
2三基商事72,000
3ニュースキンジャパン40,044
4フォーデイズ38,835
5アシュラン30,000
6ノエビア25,695
7ナチュラリープラス21,180
8フォーエバーリビングプロダクツジャパン21,168
9シャルレ20,737
10ジャパンライフ19,300
11モリンダジャパン18,000
12ベルセレージュ17,510
13ニューウェイズ16,731
14エイボンプロダクツ14,684
15日本シャクリー12,474
16高陽社12,000
17モナヴィージャパン9,000
18赤塚 8,500
19日本タッパーウェア8,000
20シャンデール7,400
21イオン化粧品7,300
22サミットインターナショナル7,000
23日健総本社6,930
24セプテムプロダクツ6,600
25ライフバンテージジャパン6,412
26グラントイーワンズ6,200
27ネイチャーケアジャパン6,100
28ザ マイラ5,860
29ロイヤル化粧品5,844
30アライヴン5,500
31ハーバライフ・オブ・ジャパン5,335
32バイオクイーン5,000
33メラルーカ オブジャパン4,860
34アイビー化粧品4,708
35シナリー4,600
35ビオライズ4,600
37ニナファームジャポン4,450
38TIENS(ティエンズ)4,400
39ピュアクリスタル4,000
40マナビス化粧品3,700
41グリーンプラネット3,400
42ペレグレイス3,300
43スターライズ3,100
44三和 株式会社3,000
45エクスフューズジャパン2,900
46M3(エムスリー)2,500
46ドテラ・ジャパン2,500
47アミン2,400
49サンテクレアール2,300
50ケイエスビー2,250
51イオスコーポレーション2,100
52ベガ(VEGA)2,085
53マナテックジャパン2,000
53フォーライフリサーチジャパン2,000
53アイスター商事2,000
53シーエムシー2,000
53オードビージャポン2,000
58ローズライン1,800
59エックスワン1,750
60ハッピーファミリー1,700
61シェラバートン1,686
62プロティオス1,500
63日本ベスト1,400
64シナジーワールドワイドジャパン1,250
65エムブラン1,200
65エヌエーシー1,200
65IPSコスメティックス1,200
68国際友好交易1,100
69GNLDインターナショナル1,000
69マイフレンド1,000
69クレス薬品1,000
72ユニヴェール937
73レインボー900
73エコプライム900
75アトコントロール850
76ジャパンウィル・サーチ847
77DNA800
77ユニシティ・ジャパン800
77エムジーエム800
77ユサナ・ヘルス・サイエンス800
77ウイズ800
82ライラック743
83ジョイ727
84遊気創健美倶楽部700
84エコロインターナショナル700
86ピー・エッチ・シー698
87苔善 650
88AIM(エイム)600
89参壽恵本舗512
90サランジェ500
90NIKKEN(ニッケン)500
90パルウエーブ500
90ミューズ500
94コンフィアンス モリビア480
94アルペン総合研究所480
96セモア450
96アストーラ450
98オリヴィス OriVis420
99エルブ400
99ナチュミン・ジャパン400
99シルクィーン400
99ラヴィ400
99スリーピース400
99ライフネットコーポレーション400
105エポックモア360
105DNAジャパン360
107フューチャーエナジー330
108スターリジャパン310
109クリエイション300
110ピュアスター282
111フォーチュンインターナショナル270
112日本ビーエフ254
113ツインズ200
113ラ・スプランデュール200
115SEIKEN150
116サンライダージャパンインク126
117ミラクル120
118日本メディカルマーケティング100

(2015年 月刊ネットワークビジネス3月号より) ※売上高切り捨て表示

↓↓↓↓↓

cofede_1.jpg