ネットワークビジネスで相手の心を動かす方法

こんにちは!伊藤静です。

ネットワークビジネス成功するためには、相手の心を動かす言葉が必要です。

それは、長い話ではなく、短い言葉で、相手をハッとさせるもの。

短い言葉なのに、相手がハッと、心を動かし、
こちらが求めている行動を取るのは、
それまでに、相手が自分を信頼していることが前提になってくるのです。

相手の言葉を動かすものとは、コピーライトのこと

相手の心を動かす言葉を、コピーライトと言います。

街角で見かけるおもしろい看板や、インパクトのあるテレビCMは、
コピーライトされたものです。

そんな看板や、テレビCMの効果がどれほどなのか?はわかりませんが、
今回は、ネットワークビジネスで人の心を動かす方法について、お話しします。

ネットワークビジネスは、集客のためにお金を使うと、
資金繰りが厳しくなって、続きません。

だから、できれば、お金をかけずに、相手の心を動かしたいのです。

自分がお金をかけずに集客すれば、
相手もお金をかけずに集客できる可能性が広がります。

相手の心を動かす前段には、
  出会いと信頼される情報提供がある

ネットワークビジネスで相手の心を動かすのは、
その前段として、信頼される話を繰り広げられたかがないと、
相手は、そのコピーライトを見ても、心は動かされないのです。

つまり、その前段となる、信頼される話を、まず繰り広げることです。

その話は、おもしろいと感じてもらえたり、なるほどと感じてもらえるような、
意味や、価値を感じてもらえるような内容です。

口コミのネットワークビジネスなら、
アップとのコミュニケーションや、アップラインの開催するセミナーに、
そのヒントがあるのでしょう。

そして、その信頼される話は、相手に聞いてもらうことができるから、生かされます。

ネットワークビジネスは、いくら熱心に勉強しても、
集客につながる活動をしなければ、相手の心を動かす以前の問題になってしまいます。

インターネット活動をするなら、アクセスの集まる記事を書く必要があります。

一生懸命やっていても、アクセスがなかったら、
誰も聞いてくれないことと同じです。

このような記事を書くときに、自分の経験とか、考えを書く人がいますが、
そこに、おもしろさや、知る価値を感じてもらえなかったら、
信頼されないのです。

自分の頭の中にあることは、他の人にも思いつくことであり、
わざわざインターネットで、面識のない人の話を、聞く必要などないのです。

記事にする内容は、念入りに、インターネット検索で調査をすることが必要です。

相手の心を動かすために、どのくらい献身的になれるか

インターネットのネットワークビジネスでは、
相手の心を動かす言葉を見てもらう前の、信頼される話も、
同時にインターネットで見てもらいます。

つまり、クリックするまでに目に入るものが、すべて信頼につながります。

口コミのネットワークビジネスでは、
心を込めて献身的に話す姿勢に、心動かされることがあったかもしれません。

インターネットでは、対面することができないために、
運営者の献身的な姿勢とか、清い心は伝わりません。

その代わり、本当に価値がある内容だと思ってもらえたら、相手は心を動かします。

他人との時間の都合を合わせなくても、インターネットなら、
相手の都合のよい時に、相手の欲しい情報を提供できるのです。

インターネット上で、相手の心を動かすことができるようになると、
相手の時間に都合を合わせなくても、相手が勝手に内容を読んで、
心動かされて、問い合わせをしてくるようになるのです。


伊藤静(*^^*)



インターネットビジネス


そして、


ネットワークビジネスのこと

お問い合わせはこちら