ネットワークビジネス(MLM)と代価の法則


みなさんは代価の法則をご存知ですか?

代価の法則とは

ネットワークビジネスと代価の法則

ある物を得るためには、それに見合った代価を
払わなければいけないと言うこと。

代価とは、お金だけでなく、努力や行動の他に
失敗などの経験も含まれます。

ネットワークビジネスで成功している人は

一日の中でネットワークビジネスに費やす

時間を確保し実践したり、スキルアップしたり

時には失敗したりしながらも、努力を惜しまず

行動を起こし成功を手にしています。

ネットワークビジネス(MLM)と3・4・3(さしみ)の法則

3・4・3(さしみ)の法則とは

「働き蜂の法則」とも言われ、組織で働く構成員の

ネットワークビジネス(MLM)と3・4・3(さしみ)の法則

構成比を表したものです。

働きアリや働き蜂は組織を構成していますが

全体の3割のアリや蜂は・・・一生懸命働き

全体の4割のアリや蜂は・・・普通に働き

残りの3割のアリや蜂は・・・全く働かない

と言う構成になります。

これを人の組織に当てはめてみると

全体の3割の人は・・・モチベーションも高く意欲的に働き

全体の4割の人は・・・ごく普通にそつなくこなし

全体の残り3割の人は・・・モチベーションが低く働く意欲に乏しい

という構成になり、アリや蜂と同じ結果になります。

ネットワークビジネス(MLM)と3・4・3(さしみ)の法則

さしみの法則の不思議なところは、

例えば各集団から全体の3割の「モチベーションが

低く働く意欲に乏しい」人ばかりを抜き出して

新しい集団を作ってみると、

これがまた“さしみの法則”の結果になるのです。

つまり働く意欲に乏しいはずの人たちの3割が

見違えるようにバリバリ働いて集団を引っ張ってい

くようになるのです。

逆に「モチベーションも高く意欲的に働く人たち」

ばかりを集めて作った集団では

優秀だったはずの人たちの4割が普通になって、

3割は働く意欲が低下してしまうという結果になるのです。

この法則はアリや蜂の動物界の集団を観察して認められた

ものですが、人間社会でもあり得ると言うことです。



線12線12



3・4・3の法則をネットワークビジネス(MLM)に

当てはめてみると

10人中

3割の人たちが・・・MLMを始めるか興味を示す

4割の人たちが・・・否定も肯定せず現状維持

3割の人たちが・・・絶対MLMをやらない、否定的

と言う結果になります。

このような特徴を頭に入れておけば

これから起こりうる事を想定内と認識しながら

ネットワークビジネスを展開できるのではないかと思います。


最後まで読んで下さりありがとうございました♪

by 純花🌼

線10

インターネット


そして、

お問い合わせはこちら

無理な勧誘は一切いたしませんので、ご安心くださいね(*‘ω‘ *)