ユニヴァ・ソーシャル(UNIVA Social)とは?   

2018年2月22日午前に会社登記を完了、
株式会社UNIVAソーシャルが設立されました。

UNIVA Social
        

Greeting

ソーシャル化とモバイル化の進歩による双方向コミュニケーションが、ボーダーレスなCtoC的つながりを加速しています。人間関係もがソーシャル化してきており、文化はもちろんのこと、政治・経済・教育など、あらゆる環境がソーシャル化の影響を強く受けています。簡単で便利なメディアやデバイスの発達は、手段であったはずの「つながること・つなげること」自体が目的と混同されたりします。本質的に重要なのは「つながる意味・つなげる意味」であり、「モノ」や「コト」としては同一であってもそこに宿る個性が問われる時代です。このような状況で、社会・経済・環境の3つの観点で持続可能性を実現するためにUNIVAソーシャルは、インフォーマルなコミュニケーションやアンビエント・アウェアネス(空気を読む力)が促進されるコミュニティづくりとともに、商品やサービスをご提供する「意味」を磨き続けることで、ビジネスマーケットの可能性やそれに携わる方々の使命感や効力感、貢献感を創り出すことを使命と考えています。
                        
                    代表取締役 水野 克裕社長のご挨拶より

Be social.

1970~80年代には「モノ」を中心にマーケティングされていた売れるしくみは、消費の成熟化と共に90年代後半には消費による「コト」が注目されるようになりました。興味あるコトを実現したり不安や不満に思うコトを解決するための「コト」消費は、購入による体験・感想などの口コミやシェア、あるいはそのことによる人間関係を広げてきました。そして今、ソーシャルメディアの発達によって、自分のスタイルやアイデンティティを表現したり、主義や主張への共感を示す、「イミ」や「イギ」を消費に求める傾向が広がってきています。

「モノ」「コト」そして「イミ」「イギ」による消費喚起を支えるものは一人ひとりの個性であり、UNIVAソーシャルはこうした時代の流れを「ソーシャルネットワークビジネス」というコミュニティを育てる機会と捉えています。多様な個性がコミュニティに集まることによって、『信頼』『規範』『社会的ネットワーク』といったソーシャルキャピタルが充実し、未来の子どもたちの世代のための持続可能な社会づくりに活かされることを私たちは願っています。

Corporate Profile

名称株式会社 ユニヴァ・ソーシャル(英文名:UNIVA Social Ltd.)
設立年月日2018年 2月22日
事業内容他社供給サービス・商品(電力供給サービス、有機農産物・国産水産物・国産畜産物・無添加食品・食用油・調味料・その他の食品、電気通信サービス、協同組合共済、保健機能食品・栄養機能食品・健康補助食品・清涼飲料水、シャンプー・化粧品・その他の日用品など)の販売の斡旋
本社所在地〒106-6035 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー35F
電話番号0800-888-8877 (受付時間 平日10-17時)
FAX番号03-6230-2446
メールinfo@univasocial.co.jp
資本金900万円
決算日8月31日


UNIVA Social Project (ユニヴァ・ソーシャル・プロジェクト)

UNIVA Social Project (ユニヴァ・ソーシャル・プロジェクト)とは

UNIVAグループが目指す『ソーシャルビジネス』を
実現するためのプロジェクトです。

1.新電力「ユニヴァでんき
2.安全安心な食の通販「ユニマルシェ
3.互助によってリスクを支える「ユニヴァ共済
4.月々お得な「ユニバモバイル

              UNIVA SOCIAL(ユニヴァ・ソーシャル)のHPより抜粋

ネットワークビジネス

そして、

お問い合わせはこちら


2017 ネットワークビジネスランキング ベスト 1位~113位

ランキング会社名売上高(百万円)前年比
1日本アムウェイ98,8992.1%
2三基商事65,000
3フォーデイズ39,7423.7%
4ニュースキンジャパン33,000▲4.0%
5ノエビア27,1034.8%
6アシュラン24,900
7フォーエバーリビングプロダクツジャパン9,600
8シャルレ18,8361.2%
9ベルセレージュ18,5002.8%
10モリンダジャパン18,000
11ナチュラリープラス16,485▲24.0
12モデーアジャパン16,000
13日本シャクリー11,1851.5%
14高陽社10,000
15日本タッパーウェア8,000
15シャンデール8,000
17赤塚 7,800
18グラント・イーワンズ7,500▲11.8%
19イオン化粧品6,910
20セプテムプロダクツ6,800▲9.0%
21日健総本社6,400
22ロイヤル化粧品6,3008.5%
23サミットインターナショナル6,0002.1%
23ネイチャーケアジャパン6,000
25アライヴン5,5000.0%
26アイビー化粧品5,16315.0%
27ニナファームジャポン5,0509.8%
28ザ マイラ5,030▲2.0%
29TIENS(ティエンズ)4,8004.3%
30YOSA(旧バイオクイーン)4,7006.6%
31シナリー4,600
32ドテラ・ジャパン4,56020.2%
33ライフバンテージジャパン4,300
34ハーバライフ・オブ・ジャパン4,000
34ピュアクリスタル4,0000.0%
36ペレ・グレイス3,6300.8%
37エクスフューズジャパン3,4458.0%
38グリーンプラネット3,400
39マナビス化粧品3,300▲0.2%
40三和 株式会社3,0000.0%
41アミン3,300
42サンテクレアール2,900
43ケイエスビー2,600
44シナジーワールドワイドジャパン2,50022.0%
45ベガ(VEGA)2,3002.4%
46イオスコーポレーション2,120
47ジュネスグローバル(+モナヴィージャパン)2,0001.0%
47オードビー・ジャポン2,000
47アイスター商事2,000
47マナテックジャパン2,000
47M3(エムスリー)2,000
52ローズライン1,800
53エックスワン1,750
53ハッピーファミリー1,750
55シェラバートン1,695
56カイアニジャパン1,600
57シー・エム・シー1,575▲3.4%
58アトコントロール1,554▲23.0%
59スターライズジャパン1,500
60ユニシティ・ジャパン1,400
61エヌエーシー1,350
62エムジーエム1,300
63日本ベスト1,300▲7.1%
64エコロインターナショナル1,25033.0%
65GNLDインターナショナル1,24310.0%
66IPSコスメティックス1,200
66スリーピース1,200100.0
66エムブラン1,200
69国際友好交易1,004
70ウィンライフ・ジャパン1,000
70マイフレンド1,000
70フォーライフリサーチジャパン1,000
70クレス薬品1,000
74ユニヴェール9870.0%
75ウイズ900
76レインボー800
76ジャパン ウィル・サーチ800
78ライラック7740.4%
79ジョイ7320.7%
80エコプライム700
80プロティオス700
80遊気創健美倶楽部700
83DNA600
83AIM(エイム)6000.0%
83ピュアーライフ6000.0%
86参壽恵本舗5977.0%
87オリヴィス OriVis57011.8%
88苔善560▲10.0%
89ピー・エッチ・シー530▲10.6%
90JM Ocean Avenue(JMOA) Japan5200.0%
91NIKKEN(ニッケン)500
91ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン5000.0%
93アルペン総合研究所480
94アストーラ470
94ビィゴライフ4700.0%
96ピュアスター45620.0%
97セモア450
98ハンドライフリミテッド440
99エルブ400
99ミューズ400
99ラヴィ400
102スターリージャパン(STOLLE JAPAN CORPORATION)37020.0%
103DNAジャパン360
104エポックモア350
105コンフィアンスモリビア340▲0.3%
106クリエーション2,000
107フューチャーエナジー274▲20.0%
108フォーチュンインターナショナル250
109日本ビーエフ239▲4.6%
110ツインズ200
111ミラクル160
112SEIKAN1500.0%
113サンライダージャパン132

月間ネットワークビジネス3月号より


ないしょね